専門業者が行なう鳩の駆除│再発防止策をプロが講じる

作業員と婦人

早めの対処で糞害を防ぐ

シロアリの被害

敵を倒すには生態を知る

ハトの被害に悩む人は多いようですが、悩みを解決するにはまずは生態を知ることが重要です。ハト被害の最大のものは糞害と言えます。ベランダや屋上、庇の上など決まった場所に糞をするのが特徴です。これは、行動パターンが一定の決まりを持っており、毎日同じパターンで行動をしているためなのです。ハトの生息場所としては、羽休めの場所・周りの環境の観測場所・エサをとる場所・寝床などに分かれています。これらの決まった場所を毎日同じパターンで生活するのが特徴です。当然、エサを取る場所や寝床などは糞を多くするために、より深刻な被害に遭いやすい場所と言えるでしょう。また、ハトは集団行動をすることでも知られています。そのために一度に集団で行動を共にすれば糞も当然大量になります。

もし住み着いてしまったら

ハトが一度住み着いてしまうと、追い払うことは困難になります。そこで一番いいのは偵察に来ていたり羽休めに来た段階で撃退することです。ベランダに来る場合は、手すりに停まることが多いようです。そこでテグスやワイヤーなどを使って停まりにくくすることが初めの対処法となります。また、糞は必ずこまめに片づけるようにしましょう。決まったパターンで行動するハトは、自分のした糞を目印に毎日戻ってきます。そのために、いくらテグスやワイヤーで防御したとしても目印が残っている限り毎日やってきます。そして隙あらばそこを起点とするようになってしまいます。ですから、本当に撃退したいのであれば、糞は必ず掃除しましょう。もし初期の撃退に失敗して住み着いてしまったのならば、これは素人では撃退が難しくなります。ハトは鳥獣保護法で守られている鳥のために、むやみに殺傷することが出来ません。駆除をすることも禁止なのです。ですから、住み着いてしまったハトの撃退は、傷つけないように撃退できるプロに任せるのが一番です。このような理由から、ハトの撃退はお金も手間も少なくて済む初期の段階で行うようにしましょう。